FX

【5分で分かる】FXで負けないエントリータイミングとそのポイントは?

自分がエントリーした後にいつも逆行する

エントリーポイントがわからない

エントリーポイントを教えて欲しい

エントリーに関する悩みは尽きませんよね、ここでは2つの相場状況からエントリーポイントをルール化することでエントリーに関する悩みを解決できます。

 

この記事を読むと理解できること

・エントリーより大事なのはエントリーしないこと

・エントリーのルール化

・相場状況に応じたエントリーポイント

・実際のチャートからエントリーポイントを見つける

・エントリーポイントの注意点

 

【5分で分かる】FXで負けないエントリータイミングとそのポイントは?

FXでエントリータイミング・ポイントが重要な理由

FXでエントリーがなぜ大事なのかは有利な価格で取引できるからです。

有利な価格でエントリーすることによって、大きく利益を伸ばすことができると同時に、損切りがあった場合にも損失を最小限に抑えることがきます。

エントリーよりも大事なことはエントリーしないこと

矛盾してる様に聞こえるかもしれませんが、FXの値動きはほとんどがランダムウォークで規則性がありません。

規則性がある様に見えるのは一部部分だけです。

初心者の人などは無理にエントリーポイントを探したりしますが、無理に探してエントリーした場所は負けやすいポイントが多いです。

エントリーしなければ負けることはありませんので、エントリーせず待つことが大事です。

エントリーするにはルール化が必要

価格が上がったから買う!価格が下がったら売る!などルールを特に作らず雰囲気でトレードしていませんか?

エントリーはルール化することによってトレード毎に、PDCAを回すことが出来ます。

ルールの決まってないエントリーは何が良くて何が悪かったのか判断がしずらいです。

 

勝った=良いトレードではなく、大事なのは自分のルールにしたがってトレードできたか

負けた=悪いトレードではく、自分のルールにしたがってトレードできていれば、ナイストレードです。

エントリータイミングの種類は?

では実際にエントリーする際のポイントとして大きく分けて2つの入り方を紹介していきます。

トレンドフォロー型エントリー

上昇トレンド・下降トレンドなどの一方方向に進むことをトレンドと言います。

具体的には

上昇トレンドの場合

上昇トレンド内で価格が下がった場所(押し目)で買う

下降トレンドの場合

下降トレンド内で価格が上がった場所(戻り)で売る

これが基本になります。

トレンドフォロー形エントリーのメリット

・損小利大になりやすい

・大きく利を狙うことができる

・長い時間ポジションを持つことができる

トレンドフォロー形エントリーのデメリット

・トレンドが発生してないとエントリーできない

・ロスカットラインを置く位置が難しい

・トレンドの見極めが必要

逆張り形エントリー

トレンドとは逆に値動きが一定の区間で行ったりきたりして、どちらにも方向感が出てない状態です。

相場のほとんどがレンジ相場になります。

逆張り形エントリーのメリット

・レンジの時間が多いので入る機会が多い

・ロスカットポイントが明確になる

・短期間でのトレードが可能

逆張り形エントリーのデメリット

・大きく利を伸ばせない

・損大利小になりやすい

・ポジポジ病になりやすい

実際のチャートからエントリータイミングを考える

トレンドを可視化してエントリー

トレンドにはいろんな定義がありますが、チャートを見てトレンドを分かりやすくするには移動平均線がおすすめです。

ユーロ円の1時間足チャートです。

 

チャートに何も表示してないと方向感がわかりにくいですが移動平均線を表示すると

移動平均線は単純移動平均線21SMA(紫)・5SMA(黒)です。

さっきのチャートと比べると、線の傾きなどで方向感が分かりやすくなったと思います。

 

ここでエントリーするポイントはトレンドが出ていて、移動平均線が近づいて離れた所です。

いわゆるグランビルの法則とも言います。

紫のラインがある程度角度ある状態がトレンドが出ている状態です。

黒の移動平均線が近づいてきて離れた場所がエントリーポイント(青枠)になります。

ロスカットラインは直近安値・直近高値の上・下に置くと良いでしょう。

レンジを可視化してエントリー

レンジを判断する為のインジケーターもありますが、ここは分かりやすくラインを引いてみましょう

ドル円の1時間足チャートです。

ぱっと見た感じだと、どの価格が意識されているか分かりくいのでラインを何本か引きましょう。

 

ラインを引くことによってどこの価格が意識されているか分かりやすくなりましたね。

このラインを背にして逆張りをしていくことが大事です。

 

ライン(平行線)にはサポートライン・レジスタンスラインが存在しますが

サポートラインは価格を支えるライン

レジスタンスラインは価格を抑えるライン

ラインをブレイクした後はレジスタンスラインとサポートラインが転換する『レジサポ転換』が起きるので合わせて覚えて置くといいでしょう。

逆張りエントリーに関してはロスカットは引っ掛かり安いので背にするラインより少し余裕を持った場所に置くことがおすすめです。

慣れるまで難しいですが、ロスカットラインは直近の値動きのボラティリティに合わせて設置するのが本来望ましいです。

利確もルール化が大事

エントリーした後に利確をしなければ利益はあげれません。

ただ、利確に正解はなくエントリーよりはるかに難しいです。

 

利確に関しても始めのうちはルール化したほうがいいです。

例えば

ロスカット1に対して利確を1.5にする

いろいろ試行錯誤して自分に合う利確を見つけることが大事になります。

分割エントリーのすすめ

ある程度エントリーポイントを絞れた後に悩むのが自分がエントリーした後に逆行することです。

自分が考えていたラインまで価格が来たとしても『どこまで価格が来るか』『どこで価格が止まるか』これは誰にもわかりません(分かってたら皆億万長者です)

 

なるべく有利な価格でエントリーする為に分割して取引を行うことで平均取得価格を上げる・下げることができます。

本来エントリー場所から取引数量を2分割・3分割でエントリーすると良いと思います。

自分がエントリーした後に逆行する人が多い人などは取り入れて見ることをおすすめします。

エントリーポイントの注意点

エントリーポイントを一通り解説してきましたが、ここからはエントリーする前に気をつけなければいけないことを

エントリーが多いのは負けやすい!ポジポジ病に注意

これは誰しもが通る道ですが、ポジポジ病とはエントリーしたくてたまらないことです。

チャートをずっと見ているとチャンスに見えてしまう場面が多く、優位性のない場所で無駄にエントリーしてしまい、スプレッド、損切り貧乏になってしまうことです。

特に最初の内は5分足など見ていると動きが多く、取引したくなってしまうので1時間足以上の足を見る様にしましょう。

1時間足で取引できそうな場面が出てきたら5分足などでタイミングを取って有利な価格でエントリーすることを心がけると、比較的安定した取引ができる様になると思います。

 

エントリーだけじゃ勝てない!出口を必ず決めてからのエントリー

先ほども書きましたが、出口はエントリー以上に大事です。

良いエントリーをしても出口がしっかりしてないと利益は残せません。

損切りに関しては毎回ポイントは同じになるのであまり悩みませんが、利確は一生の悩みです。

最初のうちはしっかりと損切りすることだけを考えていれば大きく負けることはありませんので、エントリーしたらしっかり損切り注文を出すことだけは必ず徹底しましょう。

まとめ

FXで利益をあげてくにはエントリーは大事です。

最後にもう一度まとめ

・エントリーより大事なのはエントリーしないこと

・エントリーしなければ負けることはない

・トレンド・レンジ分けて考えよう

・エントリーはルール化しよう

・出口はエントリーよりも大事

良いトレードライフを送りましょう。

とにかくおすすめできる海外FX業者6選

おすすめの海外FX業者をはこちら

海外FXの魅力はボーナスにある!

おすすめのボーナスはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\海外FXのオススメ業者&ボーナス/
\海外FXのオススメ業者&オススメボーナス/