FXノウハウ

FXおすすめ本15選!カテゴリー別に紹介【2019年総まとめ】

初心者にも読める本を教えて!

FXでおすすめな本ってなに?

数が多すぎてどれがいいかわからない!

FX・トレードに関する書籍はたくさんありますが、私は『最高のトレード本=自分のトレード記録』だと思っています。

ただ、それでも少なくとも60冊以上はトレード本を読んできました。

世の中には素晴らしい書籍がたくさんあり、なかでも何度でも読むべき本をカテゴリー別に14冊ご紹介します。

FXおすすめ本15選!カテゴリー別に紹介【2019年総まとめ】

1.FXおすすめ本 初心者向け

1-1.デイトレード

FX本を探していて誰もが一度は目にしたことがある本。

私がトレードの中でも一番大事だと思っている『いかに上手く負けて損失を減らすか』が書かれていて利益を求めるのがトレードではないと理解できると思います。

・トレードにしっかりと向き合っているのに、なかなか利益が上げられない

・利益を上げられるトップトレーダーの思考を理解したい

・自分も負けトレードを受け止められない

こんな人には是非とも読んで欲しい一冊です。

1-2.高勝率トレード学のススメ

こちらもデイトレードと同様FX初心者に是非とも読んで欲しい一冊

本のタイトルから一見ただのステマ本かと思ったが、しっかりと相場の本質をついており、厳しいことも語っている。

相場中級者の人から見たら目新しいことは書いてないかもしれないが、バランス良く書かれている本書は初心者には大変おすすめな一冊

 

2.FXおすすめ本 メンタル

2-1.ゾーン

こちらもFX本の中ではデイトレードに匹敵するくらい有名なFXするなら絶対読まなくてはいけない一冊

個人的に1番好きな本です。

メンタルのコントロールをについて書かれた本で

・一貫したトレードの大切さ

・相場は何事も起こりうる

・リスクをいかにコントロールするか

など相場に置いて大切なことが書かれている。

海外の著書なので、色んな言い回しや例えなどが書かれているので、個人的には本よりもAudibleをおすすめしてます。

良い声の男性が朗読してくれるので耳に入りやすく仕事中にずっと聞いてます。

文字の情報は8%しか吸収できないが、音声の場合は33%にアップするので学習効率を高めたい人にはおすすめ。

2-2.投資苑

感情のコントロールなど精神分析医の視点から書かれている。

テクニカル分析についても詳しく書かれているが、アメリカの市場を題材にしているので日本に市場でそのまま使うのは難しいです。

実際に使う際には日本に市場に合わせて微調整して実践する必要があります。

2-3.投資苑2

投資苑では書かれていない部分があり、非常に参考になります。

投資苑を買う場合、こちらも合わせて購入すると学びが深くなります。

2-4.利食いと損切りのテクニック

『不幸は仲間を求め、幸福は孤独を求める』と相場だけではなく様々なことの本質と言える部分を突いていると思う。

トレードの記録をつけることの大事さ、重要性を改めて感じさせられる一冊

利食いと損切りがなかなか上手く行かない人は是非読んでみて欲しい。

 

3.FXおすすめ本 テクニカル

3-1.マーケットのテクニカル分析

ベストセラーになった『先物市場のテクニカル分析』を改定・増補した一冊です。

『先物市場のテクニカル分析』では先物市場について書かれていた内容が『FX・株式・金利・指数系』にまで広げられ、内容も一新されています。

また手法やチャートなども近年の相場に合わせて描かれてより前作よりも遥かに読みやすくなっています。

テクニカルについて学びたい方はこの一冊だけあればいいんじゃないかと思うほどスタンダードであり、何度でも読み返したくなる内容です。

初心者〜上級者関係なくおすすめです。

3-2シュワッガーのテクニカル分析

相場の動きで負けやすいポイントは『ダマシ』です。

『上がる!』と思ったら下がり『下がる!』と思ったら上がるのが相場です。

こういったダマシに合いやすい人にはおすすめな一冊

30ページ程に及ぶ様々なダマシの検証がされており、それを利益に繋げる考え方を学べます。

ただ、ダマシを見送るだけではなく、しっかりと理解して利益に変えていきたい人は是非読んでみることをおすすめします。

 

4.FXおすすめ本 トレード思考・理論

4-1.世紀の相場師 ジェシー・リバモア

4度も破産したにも関わらず大富豪になった男『ジェシー・リバモア』

ウォール街の伝説のトレーダーの思考を学べる一冊です。

・明確なルールを持つこと

・ルール通りエントリーしかしない

・結果が出たあとは相場を離れる

・元手があれば何度でもやり直せる

・正しいのは相場

など、相場に大切なことがこの一冊で理解でき伝説のトレーダーの考え方を学べます。

最後には自殺してしまったリバモアですが

トレード以外の楽しみを見つけることの重要さも語っており、トレード以外の思考も参考になります。

4-2.伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術

一度は聞いたことがあるかも知れない『タートルズ』とは

『プロトレーダーの指導により素人が勝てるトレーダーになれるのかどうか』を実験した結果生まれたトレーダー集団です。

その中でも最も優秀だったトレーダー『カーティス・フェイス』がトレードに関する本質を語ってくれています。

最高な環境にも関わららず、成功するトレーダーと脱落するトレーダーがいました。

その違いを本書では知ることができ、自分のトレードに大いに役に立つと思います。

タートルズのルール

・取引市場

・ポジションサイズ

・エントリー

・ストップロス

・決済ルール

・戦術

などを理解することのできる一冊です。

4-3.確率論的思考

トレードをしていると必ず連勝機・連敗機が訪れます。

連勝している時は有頂天になってしまい、軽率なトレードで大きな痛手を打ってしまうことがあります。

連敗している時は自分のトレードが不安に感じ、本来エントリーする場所にも関わらず躊躇してしまうもの。

そんな思考を防ぐ為に確率の観点からトレードを見ること学ぶために本書は参考になる一冊です。

 

5.FXおすすめ本 資金管理

5-1.ポジションサイジング入門

私はトレードにおいて資金管理の重要度の割合は大半を占めていると思っており、資金管理さえしっかりしていれば大きな負けにはならないと考えてます。

そんな大事な資金管理に関して抽象的ではなく、かなり具体的に表現されており実践に応用がしやすい。

資金管理だけではなく、メンタル部分のがどのようにトレード影響するかなども描かれており、非常に良作な一冊です。

 

6.FXおすめめ本 番外編

直接FXに関する書籍ではありませんが、トレードに通じる部分があり応用できる書籍をご紹介。

6-1.心のブレーキの外し方

本のタイトルから見ると少しオカルトっぽさを感じてしまうタイトルだが良作です。

FXは自分の中にある潜在意識と、どうやって向き合い乗り越えていくかが大事になりますが、そういった部分を丁寧に分かりやすく書かれています。

FXだけではなく、仕事・プライベートにも応用できる内容です。

6-2.打たれ強さの秘密

FXは連敗が続いて気分が落ちたり、大きな損失がでてメンタルが病んでしまうことがあります。

そういった負のループから抜け出しポジティブなイメージを持つ為の具体的な方法が図解などで分かりやすく書かれています。

負けると連敗してしまう人、負けからなかなか抜け出せない人などにおすすめな一冊です。

6-3.続ける習慣

FX・トレード以外にもいえることですが、何事も継続が必要です。

・継続に挫折しやすいポイントを上手く乗り切る為の方法

・やる気をマネジメントする方法

・良い結果は習慣から生まれる。

・習慣のロードマップ

などなど習慣化が苦手な人には持ってこいの書籍です。

私もこの本を読んでから継続に対しての苦手意識が少なくなり、ブログ・FX両面に生かされています。

 

まとめ

以上私が実際に読んだ本の中からおすすめをご紹介しました。

トレード本は全部読破してしまった猛者の方でも最後の番外編は人生全てに置いて共通するものです。

読んでない物があったら是非読んでみてください。

とにかくおすすめできる海外FX業者6選

おすすめの海外FX業者をはこちら

海外FXの魅力はボーナスにある!

おすすめのボーナスはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Notice: Undefined variable: sort_keys in /home/kiyobinbou/kiyoubinbou.com/public_html/wp-content/plugins/blog-floating-button/blog-floating-button.php on line 1336
\海外FXのオススメ業者&オススメボーナス/
\海外FXのオススメ業者&オススメボーナス/