海外FX

【海外FX始め方】おすすめ口座も紹介【初心者必見マニュアル】

海外FXは敷居が高いイメージが
あると思いますが、そんなことはありません。

初心者にとって海外FXはメリットが多いです。

しかし、

海外FX=詐欺じゃ・・・?

のイメージを持っている
人も少なくないと思います。

昔の海外FXは情報が少なく
今ほど情報がなかったので正しい
情報を掴むことが難しかったです。

しかし、近年ネット・SNS発展もあって
以前よりも正確な情報も多く、
詐欺・悪行はすぐに広まり質の悪い
業者は淘汰されてきています。

口座開設が難しいそう・・・
英語がわからない・・・
ちゃんと出金できるの・・・?
オススメの口座がわからない・・・

こんなイメージを持っている人でも
本記事を参考にしてもえれば
簡単、安全に取引できますので安心してください。

【初心者向け】海外FXを始めるのがオススメな理由とメリットデメリット

それではまず最初に海外FX業者を使う
メリットとデメリットを次で紹介していきます。

海外FXのメリットとは

・ボーナスキャンペーンが豊富

・レバレッジが高い

・ロスカット基準が低い

・取引制限が基本なし又は緩い

・借金を背負うリスクがない

国内FX業者があるのになぜ海外FXを使う人が多いのか?

海外FX業者を使う人のほとんどが
レバレッジと取引の安全性です。

海外FXと国内FXのレバレッジ

海外FXは最大レバレッジ200倍〜1000倍に対して、国内FXは最大25倍です。

国内FXでコンスタントに利益を
上げなるには少なくとも
30〜100万の軍資金が必要です。

それに対して海外FXの場合
数千円〜数万円の軍資金で
スタートすることが出来ます。

レバレッジが違うので海外FXの場合
少額資金で始めることができます。

海外FX=危険の勘違い

レバレッジを掛ける取引をする場合、
相場の急変動などで口座残高が
マイナスになり追証が
発生することがあります。

追証とは借金のことです。

この借金は支払い義務がある為、
トレーダーは借金を背負うリスクを
背負いながらトレードすることになります。

しかし、これは国内FXに限った話です。

海外FXの場合ゼロカットシステムを採用しています。

例え口座残高がマイナスになっても
マイナス分は業者が負担してくれます。

なので海外FXの場合高いレバレッジを
掛けても安全に取引することができます。

ちなみに日本ではトレーダーの
マイナス(借金)を補填することは
法律で禁じられています。

ゼロカットシステムに関してはこちらの記事で紹介してます。

【海外FXの神システム】ゼロカットシステム(追証なし) こんな悩みを持つ方に向けて書きました。 この記事を読めば、 ゼロカットシステム(追証なし)を 上手く活用して借金をリス...

海外FXのデメリット

海外FXのメリットはわかったけどデメリットは?

もちろん海外FXにもデメリットがあります。

・スプレッドが変動性で国内FXに比べるとスプレッドが広い

・超短期・長期トレードにあまり向いていない

・業者によっては情報が少なく、自己判断が必要な部分がある

一番大きいのはスプレッドです。

以下国内FX・海外FXの平均スプレッド比較表

FX業者 米ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 ユーロ米ドル
ゴールデン
ウェイ・ジャパン
0.1pips 0.4pips 0.7pips 0.4pips 0.2pips
SBI
FXトレード
0.1pips 0.3pips 0.69pips 0.4pips 0.19pips
ヒロセ通商 0.2pips 0.5pips 1.0pips 0.7pips 0.4pips
海外FX平均 1.6pips 1.6pips 2.1pips 1.8pips 1.6pips

スプレッドだけ見たら海外FXを使う
メリットは1mも感じないと思います。

しかし国内FXと海外FXでは取引方式が異なります。

国内FXはDD方式

海外FXはNDD方式

を採用しています。

DD方式とは

DD方式は簡単にいうと

トレーダーと為替市場の間に
FX業者がはいることです。

トレーダーの注文をFX業者が
呑むか市場に流すかを
決めることが出来ます。

トレーダーの注文に対して相対取引を
することで取引が成立します。

NDD方式とは

反対にNDD方式は

トレーダーと為替市場の間に誰も入らない状態です。

このためトレーダーの注文は
ダイレクトに市場に流れるので
透明性のある取引ができます。

以上のことから

DD方式の相対取引を行う国内FX業者は
トレーダーの損失が利益になる。

NDD方式の海外FX業者は
トレーダーの注文する時の手数料が利益になる。

この様な違いがあります。

詳しく知りたい人はこちらの記事を見てみてください。

NDD方式とDD方式 は【マンションVS戸建てと同じな件】 こんな悩みを持つ方向けて書きました。 この記事を読むとNDD方式とDD方式を理解でき、自分に合った方式を選ぶことができます...

国内FXと海外FXでは利益構造が違う

見ていただいた通り、国内FXと海外FXでは利益構造が異なります。

海外FX業者はトレーダーの注文する時の
手数料が収益源なので国内FXと比べると
スプレッドが広いのは仕方ありません。

取引方法や安全性を犠牲にしてもスプレッドが狭いのがいい!

という人には海外FX業者はあまりオススメできません。

しかし、スプレッドやコスト面を
多少考慮しても安全な取引をしたい
人には海外FXはオススメです。

海外FXの口座開設〜取引するまでの手順マニュアル

次は海外FXの口座開設〜取引するまでの手順です。

海外FXのメリット・デメリットを
わかった上で口座開設を
してみて人はこのまま進んで下さい。

口座開設〜取引するまでには5ステップがあります。

STEP1.口座開設のフォーム入力
口座開設をしたい海外FX業者の公式ページから口座開設フォームに進みます。

以下の必要事項の入力が一般的です

・ 姓名/現住所/電話番号/メールアドレス/雇用形態/資産/投資の経験

※業者毎に異なります。

入力後登録したメールアドレスに確認の連絡が来ます。

STEP2.書類の提出
業者によっては口座開設時と同時に
本人確認・住所証明書が
必要なところもあります。

基本的には以下の書類が必要です。

本人確認書類

運転免許証/パスポート/マイナンバーカード/健康保険証/

基本的に「運転免許証・パスポート」のどちらかあれば確実です。

住所証明書

健康保険証/公共料金領収書/クレジットカード明細書/銀行明細書/住民票

健康保険証以外は基本的には
発行から3〜6ヶ月以内の条件が多いです。

本人確認書類・住所証明書は
どちらも鮮明に写った写真で問題ありません。

STEP3.口座開設の承認

口座開設の登録フォーム・書類に
不備がなければ即時〜2日営業日
以内で口座が承認されます。

FX業者からメールなどでお知らせが届きます。

STEP4.取引ツールのダウンロード

口座承認前にでもダウンロード
できますが、トレードする
ためには取引ツールが必要です。

STEP5.取引口座に入金
最後は入金が必要です。

海外FXは色んな入金方法が
ありますが、ほとんどの業者で
クレジットカードが使えます。

初心者のうちはクレジットカード
での入金が一番手数料も手間もかかりません。

以上の4ステップです。

早いところだと1分〜遅くとも
10分程度で口座開設できます。

業者によっては口座開設承認期間が
ことなりますが、ほとんどの
FX業者は即日〜2営業日以内です。

オススメ海外FX業者の紹介 選び方のポイント

口座開設から〜取引までの流れがわかっていただけたと思います。

今度は一番大事などこの海外FX業者の口座を開設するかです。

口座開設に重要なポイントとして

・FX業者の安全性

・入金、出金の豊富さ安全性

・ボーナスが使える

・低スプレッドで低コスト

この4点でお伝えしていきます。

「いちいち吟味するのはめんどくさい・・・」

そんな人はこちらの記事で紹介している海外FX業者がオススメです。

ぜひ一度のぞいて見てみてください。

【海外FX全6社】おすすめ業者最強ランキング2020!【口座比較】【超オススメする海外FX業者をランキングまとめ!】多すぎる海外FX業者を厳選してオススメできる海外FX業者のみをご紹介。◆この記事を見れば自分にあった海外FX業者を瞬時に見つけることができます! ...

FX業者の安全性で決める

海外FX初心者の人はまず一番先に
考えるのは安全性だと思います。

業者の安全性は

・取得しているライセンス

・運営歴

の2つが大きいです。

以下の一覧が海外FX業者の「ライセンス・運営歴」の一覧になります。

海外FX業者 運営開始年 ライセンス

GEMFOREX
2014年 ・ニュージーランド証券投資委員会
(NZFSP)

is6com
2017年


DealFX
2015年 ・モーリシャス金融サービス委員会

XM
2009年 ・セーシェル金融庁


FBS
2009年 ・ベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)
・キプロス証券取引委員会(CySEC)

HotForex
2010年 ・南アフリカ金融サービス委員会
・キプロス証券取引委員会(CySEC)
・セーシェル金融庁

iForex
1996年 ・キプロス証券取引委員会(CySEC)
・英国領ヴァージン諸島

Land-FX
2013年 ・英国金融行動監視機構(FCA)

TradersTrust
2009年 ・キプロス証券取引委員会(CySEC)

IFC MARKETS
2003年 ・キプロス証券取引委員会 (CySEC)
・英国領ヴァージン諸島

TitanFX
2015年 ・バヌアツ金融サービス委員会(VFSC)

Tradeview
2004年 ・ベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)

Axiory
2007年 ・ベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)

運営歴はそのままで、運営歴長い=信頼できる海外FX業者となります。

ライセンスとしての信頼性が高いと言われているのが

・ニュージーランドFTP

・キプロス証券取引委員会

・英国金融行動監視機構

この3つになります(橙色

日本の金融庁からの注意喚起について

日本の金融庁は海外FX業者を
利用するトレーダーに向けて
注意喚起を発しています。

これは海外に日本の資金が流れるのを
防ぎたい為に金融庁が行っていることです。

海外FXでいろいろ検索している中で
見たことある人もいると思います。

金融庁からしたら建前上

日本の金融ライセンス登録してない=危険です!

と言っていますが、実態としては

日本の円が海外に流れるのを防ぎたいだけです。

この為、たびたび金融庁から
海外FX業者に対しての注意喚起が起きます。

しかし、法律に違反している訳ではありません。

海外に資金が流れることを防ぐ為に
行っていて、実際は全く
問題ないので覚えておきましょう。

入金・出金の豊富さ、安全性で決める

海外FX業者を使う上で入金・出金も大切なポイントです。

円(JPY)で取引できるかどうか

海外FX業者 日本円口座対応

GEMFOREX
⭕️

is6com
⭕️


DealFX
⭕️

XM
⭕️


FBS
⭕️

HotForex
⭕️

iForex
⭕️

Land-FX
⭕️

TradersTrust
⭕️

IFC MARKETS
⭕️

TitanFX
⭕️

Tradeview
⭕️

Axiory
⭕️

以前までは

・FBS

・HotForex

などは円口座が対応していませんでした。

円(JPY)でトレードが出来ないと
入金・出金時に両替をすることに
なり無駄なコストが掛かります。

その点、ここで紹介している海外FX業者は
問題ないので安心です。

入金方法

海外FXの入金方法は主に

・クレジットカード

・海外送金

・国内送金

・Webマネー

この4つになります。

基本的に入金に関してはクレジットカードが一番おすすめです。

クレジットカードは
即時反映&手数料が掛かりません。

しかし入金額までの出金しか
できないデメリットもあります。

トレードでの利益は

・国内送金

・海外送金(手数料約5,000円)

・Webマネー

のどれがで出金することになります。

ちなみにWebマネーの出金の場合は
Webマネーでの入金履歴が
ないと出金できません。

Webマネーで利益を出金する場合は
入金時にWebマネーでの
入金履歴を作っておく必要があります。

国内・海外銀行送金の詳細

海外銀行送金の場合、銀行に
支払う手数料として約5,000円程
掛かるのであまりオススメできません。

海外FX業者なかでは日本の
銀行口座を保有している業者もあります。

国内銀行送金の場合手数料は安く済みます。

以下の海外FX業者が対象です。

Webマネーの詳細

Webマネーは文字通りWeb上で取引き出来るお金です。

海外送金と比べると手数料も安く、着金スピードも速いです。

Webマネーで代表的なのは

・bitwallet

・STICPAY

・NETELLER

です。

出金方法 FX業者手数料 Webマネー手数料 出金限度額
bitwallet 無料 824円 1万ドル
(100万円)
STICPAY 無料 0.3ドル+2.5% 1万ドル/1回(利益の出金可能)
NETELLER 無料 3.75%  4日/3000 $

一番のオススメは手数料が
ダントツで低いbitwalletです。

webマネーは日本の金融庁からの
圧力で使える業者が減ってきて
いるので注意が必要です。

bitwallet(ビットウォレット)とは 手数料や安全性を鬼まとめbitwallet(ビットウォレット)とは 手数料や安全性を鬼まとめ bitwallet(ビットウォレット)とは 3つの良いところ ...

ボーナスを活用して自己資金がなくてもトレードできる

海外FXでは国内FXと違い大きく分けて

・口座開設ボーナス

・入金ボーナス

の2つのボーナスがあります。

▼口座開設ボーナス

海外FX業者によっては
口座開設するだけで
3,000円〜2万円の
ボーナスをもらえます。

ボーナスを活用することで
ノーリスクトレードが
できるので海外初心者にはオススメです。

▼入金ボーナス

海外FX業者によって入金金額に
応じて最大100%〜200%の
入金ボーナスをもらえます。

200%の場合10万円入金すると
20万円分のボーナスが取得できるので
合計30万円の証拠金
トレードすることができます。

各業者のボーナスの紹介・比較は
こちらの記事で紹介しているので
是非見てみてください。

【海外FXボーナス全11社】口座開設&入金ボーナスキャンペーンを比較【2020年3月最新】◆海外FXボーナスはトレーダーの味方です◆おすすめの口座開設ボーナス◆おすすめの入金ボーナス◆キャッシュバックボーナス◆各社独自ボーナス。などなど海外FX業者のボーナスを徹底まとめ。ボーナスで有利に取引したい人は必見です。...

取引コストを抑えてトレードしたい

最後にトレードしていく上で、
気になる取引コスト(スプレッド)です。

以下がメージャー通貨ペアの
各社平均スプレッド表です。

海外FX業者 EUR/USD GBP/USD USD/JPY GBP/JPY EUR/JPY

GEMFOREX
1.7pips 2.2pips 1.7pips 2.2pips 1.8pips

is6com
1.5pips 2.4pips 1.6pips 3.1pips 2.3pips


DealFX
1.7pips 2.4pips 1.7pips 3.7pips 2.4pips

XM
1.7pips 2.3pips 1.8pips 2.1pips 2.6pips


FBS
1.1pips 0.9pips 2.0pips 4.0pips 3.0pips

HotForex
1.2pips 1.8pips 1.7pips 3.0pips 1.7pips

iForex
1.8pips 3.0pips 1.8pips 5.0pips 1.8pips

Land-FX
0.8pips 1.2pips 0.8pips 1.8pips 1.5pips

TradersTrust
1.2pips 1.6pips 0.7pips 1.5pips 1.1pips

IFC MARKETS
1.8pips 2.0pips 1.8pips 5.5pips 2.5pips

TitanFX
0.8pips 1.2pips 1.2pips 2.2pips 1.6pips

Tradeview
0.2pips
(0.7pips)
0.5pips
(1.0pips)
0.1pips
(0.6pips)
0.5pips
(1.0pips)
0.4pips
(0.9pips)

Axiory
1.6pips 1.9pips 1.5pips 3.0pips 2.3pips

()は手数料を含めた合計pips

特にスプレッドを気にする人は
こちらの表を参考にしてみて下さい。

海外FXの始め方【初心者必見マニュアル】まとめ

海外FXの始め方は難しそうに
感じますが意外と簡単です。

自分がどのようにトレードを
していきたいかで、口座開設を
するべき業者も変わってきます。

自分にあった口座を開設するこも
トレードの成功への鍵になりますので
色々な業者を試してみることをオススメします。

国内FXにはない魅力がたくさんある
海外FXで良いトレードライフ送っていきましょう。

とにかくおすすめできる海外FX業者6選

おすすめの海外FX業者をはこちら

海外FXの魅力はボーナスにある!

おすすめのボーナスはこちら

\海外FXのオススメ業者&ボーナス/
\海外FXのオススメ業者&オススメボーナス/