FXノウハウ

cTraderはスキャルピングの神ツール オススメする3つの理由

cTraderってどうなの?

MT4と比べて良いの?

こんな悩みを持つ方に向けて書きました。

cTraderはスキャルピングを
メインに取引する人によっては最高のツールです。

なぜなら、cTraderはスキャルピングの
為に作られたプラットフォームだからです。

この記事では、cTraderの
最大の魅力3つ、ちょっとしたデメリット

MT4比較してどうなのかをお伝えしていきます。

・cTraderの最大の魅力3つ

・cTrader対応FX業者

・おすすめ機能紹介

・cTraderのデメリット

cTraderはスキャルピングの神ツール オススメする3つの理由

cTraderとMT4の比較表

まずは海外FXの定番中の定番MT4と機能の比較をしてみましょう。

項目 cTrader MT4
取引方式 ECN STP/ECN
操作性 直感的に操作できる 直感的に操作できる
約定力 強い 業者によってまちまち
取引制限 一切なし FX業者によって制限あり
板情報 閲覧可能 閲覧不可
ワンクリック注文 可能 可能
同時決済 複数ポジションを
同時決済
1個ずつポジションを
決済する必要がある
インジケーター・EA 普通 かなり多い
対応
プラットフォーム
Windows・Mac
スマートフォン
(iOS・Android)
タブレット
Windows・Mac
スマートフォン
(iOS・Android)
タブレット

簡単にわけると

cTrader:スキャルピングに超特化

MT4:バランスよく裁量トレーダーから自動売買までこなせる

cTraderを使う利点には
スキャルピングをメインに
トレードする人になります。

次に実際のcTraderの最大の魅力を3つお伝えします。

cTraderの最大の魅力3つ

cTraderの最大の魅力は

・複数ポジションを同時決済

・約定力が最強

・板情報が見れる

この3つになります。

逆にこの3つに魅力を感じないと
cTraderを使うメリットはあまりないです。

魅力を感じない人は、ほぼ全ての
海外FX業者に対応している
MT4を使う方が良いと思います。

複数ポジションを同時に決済できる

cTraderは複数のポジションを同時に決済することが出来ます。

MT4は1つずつしか決済することが出来ません。

ポジションを分割してエントリーする

「売り上げ・買い上がり」や

数pipsを細かく決済する時に
MT4の1つずつの決済だと
非常にめんどくさいです。

これを一括で決済できることで
自分が決済したい場所で瞬時に執行出来ます。

PCスペックがあまり高くないので、
若干ラグっぽさがありますが
問題なく全決済ができます。 

ちなみにMT4でもスクリプトなど
組んで同時決済することは可能です。

しかし、タイムラグなどで瞬時に
決済できないのでcTraderの
同時決済には劣ります。

約定力が高く、約定拒否・取引制限なし

cTraderの約定スピードはピカイチです。

MT4の場合注文ボタンを押してから
少しタイムラグがあります。

しかし、cTraderはバシバシ注文が入ります。

こちらもスペックのせいで
多少モタついてますが
少額ロットならバシバシ注文が入ります。

動画を見てもわかる通り、
小ロットであれば約定スピードは問題ありません。

板情報見て市場参加しているトレーダーの心理を見れる

一般的にFXは株取引とは違い市場の板情報は見れません。

板情報はどの価格帯に注文が
集まっているかを瞬時に
みることができます。

そうすることで市場参加している
トレーダーの心理を読むことが可能です。

cTraderでは3つの板情報を見ることができます。

・VWAP DoM

・Standard DoM

・Price DoM

cTrader対応は海外FX業者のみ、オススメ業者を紹介

cTraderは国内FX業者には対応していません。

海外FXの中でも特に運営の透明性が高いFX業者が使用しています。

スプレッドの狭さ業界No.1 Tradeview

cTraderと言えばTradeviewと言うほど浸透しているブローカーです。

口座名 スタンダード口座(STP) ILC口座(ECN)
最大レバレッジ 500倍 200倍
口座種類とスプレッド MT4
平均1.9pips
MT4
平均0.2pips
cTrader
平均0.2pips
取引手数料 無料 $5.0
最小取引単位 1,000通貨 10,000通貨
最低入金額 10,000円 100,000円

最低入金が10万円と敷居は高いですが、
スプレッドの狭さは圧倒的Nol.1

スキャルピングメインなら是非利用して欲しいFX業者です。

Tradeview口座開設はこちら

Tradeview評判・口コミをレビュー【選ばれる8つの理由】Tradeview(トレードビュー )はスプレッドも低く神業者なんですけどしってますか?本記事ではメリット・デメリットを解説しつつTradeviewが自分好みの業者か分かります。スプレッドが低い業者を探している人は必見です。...

安定感とバランスが最強Axiory

AxioryもTradeviewに負けじとcTraderが使えるブローカーとして有名です。

口座名 スタンダード口座(STP) ナノスプレッド(ECN)
最大レバレッジ 400倍 400倍
口座種類とスプレッド MT4
平均2.2pips
MT4
平均0.4pips
cTrader
平均0.4pips
取引手数料 無料 $6.0
最小取引単位 1,000通貨 10,000通貨
最低入金額 20,000円 20,000円

スプレッドはTradeviewに続いて業界No.2です。

最低入金金額は2万円からで
Tradeviewより敷居が低いので、
10万が厳しい人にはAxioryをオススメします。

Axioryの口座開設はこちら

【神海外FX業者】Axioryの評判・口コミ【7の真実】 こんな悩みを持つ方に向けて書きました。 Axioryは現役トレーダーの私が 実際に使っている数少ないFX業者です。 ...

「cTraderいいところはわかった!」

って人はこのままブラウザバック
してもらっても大丈夫ですが

「もうちょっとcTraderのことを知りたい!」
って人は続きをどうぞ

cTraderのその他便利な機能紹介

先ほどあげた3点が
cTraderの最大の魅力ですが、
さらに知りたい人に向けて機能をご紹介。

最狭0.0pips〜のスプレッド

cTraderだからスプレッドが狭いってわけではないですが

ECN方式を採用しているからこそ
cTraderは狭いスプレッドが実現できています。

下記はAxioryの

スタンダード口座(STP)

ナノスプレッド口座(ECN)

スプレッドの比較表です

スタンダード口座 ナノスプレッド口座
手数料 なし 0.6pips
ドル円 1.5pips 1.0pips
ユーロ円 1.7pips 1.3pips
ポンド円 2.7pips 2.3pips
豪ドル円 2.1pips 1.5pips
ユーロドル 1.3pips 1.0pips
ポンドドル 1.9pips 1.5pips
豪ドル米ドル 2.1pips 1.2pips

ECN方式:手数料との合計値

STP方式:手数料なし

同じFX業者でも
スプレッドの違いがあるので、
ECN口座を選ばない手はありませんね。

ワンクリック注文が簡単にできる

cTraderはワンクリックで瞬時に注文を出すことができます。

・成り行き:買い・売り

・途転注文:買いポジション⇒売りポジションに瞬時に変更(いわゆるドテンです)

・ダブルアップ注文:全ポジションを決済

・通貨ペア別一括決済:通貨別にポジションを一括決済

この5つが可能です。

MT4はポジションの一括決済が
できないのでcTraderの強みです。

ポジションを分割して決済できる

トレードをしているとポジションを

・一部だけ利食い

・一部だけ損切り

など分割でしたい場面が多々あります。

cTraderは標準で分割して
決済することが可能です。
MT4もできるけど・・・

予想損益が見れるので初心者の資金管理に適してる

cTraderは自分が注文するポジションの予想損益を確認できます。

トレードを始めたばかりのころは

「20万通貨で-15pipsの場合は・・・あれ?」

こんな感じでわからなくなり、
私は計算することもしばしばありました。

けれどcTraderの場合は
損益がすぐに確認できるので
計画を建てたトレードがしやすいです。

日本語対応、日本時間に変更可能

cTraderは完全日本語対応だけではなく日本時間も対応しています。

MT4の場合はロンドン時間を基準に
時刻表示がされているので、
逆算して時間を見ないといけません。

厳密にはインジケーターを入れれば設定できますが、けっこうめんどうです。

cTraderは日本時間(UTC+9)に
変更できるので、時間を逆算する
わずらしさはなくなると思います。

対応しているデバイスが豊富、スマホ・タブレット

cTraderはPCからスマホ・タブレットまで使用することができます。

プラット
フォーム
Windows
PC
MAC iOS LinuxOS ブラウザー iPad/iPhone Android
cTrader
for
Windows
× × × × ×
cTrader web
cTrader
for Windows
× × × ×
cTrader
for
iOS
× × × × ×
cTrader
for
Editor
× × × × ×

チャートのカスタマイズが豊富、図形の挿入も

私は基本移動平均線だけしか
使ってませんが、チャートに
ラインを表示する人にcTraderはオススメです。

直感的にラインが引けます。

ちなみにアラートも設定できます。

時間足がMAX26種類ある

MT4は9種類に対して
cTraderはMAX26種類の
時間足を表示することができます。

1分足・2分足・3分足・4分足

5分足・6分足・7分足・8分足

9分足・10分足・15分足

20分足・30分足・45分足

1時間足・2時間足・3時間足

4時間足・5時間足・6時間足

8時間足・12時間足

1日足・2日足・3日足

週足・月足

正直こんなになくてもいいけど・・・
とも思いますが、MT4に自分好みの
時間足がない場合は助かると思います。

cTraderのデメリットは2つ

cTraderの良いところはわかったと思いますが、デメリットもあります。

cTraderは自動売買に向いてない

自動売買そのものはできますが、
初心者にはcTraderでの
自動売買はオススメできません。

MT4でいうEAみたいなもので
cTraderではcAlgoというツールを使います。

公式サイトのctdn.com
cTrader用の自動売買ソフトが
公開されています。

ただし、基本英語表記なので、
Google翻訳を使って読みとる必要があります。

結論、自動売買をやりたいのであれば、
自動売買に適しているMT4を差し置いて
cTrader使う利点はありません。

自動売買がしたい人はMT4を使うのをオススメします。

カスタムインジケーターの導入に手間がかかる

cTraderはマニアックのインジケーターは自分で追加しないといけません。

ctdn.comから自分好みの
インジケーターのダウンロードが必要です。

ちなみに標準で

・トレンド系:10種

・オシレーター系:19種

・ボラリティ系:11種

・出来高系:10種

・その他:8種

などのインジケーター入っています。

ちなみに

・移動平均線

・MACD

・CCI

・ストキャスティクス

・ボリンジャーバンド 

など有名所は全てカバーしてます。

cTraderのまとめ

cTraderのメリットやデメリットをお伝えしました。

再度になりますがcTraderを使うべき人は

・複数ポジションを同時決済

・約定力が強い

・板情報が見れる

これに当てはまる人です。

この3つのどれも魅力を感じない人は
MT4を利用した方が良いです。

しかしスキャルピングを
やっている人はcTraderを使う
メリットは沢山あるので、
是非一度体験してみてください。

とにかくおすすめできる海外FX業者6選

おすすめの海外FX業者をはこちら

海外FXの魅力はボーナスにある!

おすすめのボーナスはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\海外FXのオススメ業者&オススメボーナス/
\海外FXのオススメ業者&オススメボーナス/