FXノウハウ

【5分で分かる】FXで失敗しないメンタルの鍛え方とは?

トレードしているとメンタルがブレてしまう

メンタルを強くしたいけどどうすればいいの?

感情的なトレードしてしまう

結論からお伝えするとトレードに対してのメンタルの影響を0にすることは不可能です。

メンタルとFXは切っても切れない関係で、トレードをして行く上で一生付き合っていくものです。

ただ、メンタルと上手く付き合うことでメンタルの影響を抑えることは可能です。

この記事で得られる知識

・メンタルとの向き合い方

・メンタルより重要なこと

・ルールを作ることでメンタルを強くる

・メンタル強くする為の記録の大切さ

FXにメンタルはなぜ重要なのか?

なぜメンタルが大事だと言われているのか

なぜFXではメンタルが大事だと言われているのでしょうか。

その多くはメンタルの影響でやってはいけないトレードをしたり、損切りをせずそのまま塩漬けしてしまったり

本来正常なメンタルであればしなかったはずのトレードで損失を出してしまうことは誰しも経験があると思います。

そういったトレードをしない用にメンタルを鍛えようと考えるが普通ですが、メンタルの鍛え方はどうしたら?

FXでメンタルを鍛えるには取引を繰り返して経験を積むしかありません。

しかし、ただ取引をいっぱいすればいいわけではありません。

大事なのは『決められたルールを守るメンタル』を確立することです。

メンタルを強くする為にルールを確立する

これは実践できている方は少ないですが、トレードのルールを決めてないとメンタルを強くするのは難しいです。

その理由はルールが決まってないとデータや記録を振り返れないからです。

実際にトレードをする時、毎回バラバラなエントリーや利食い、損切りをしていた場合、その取引にどの程度メンタルが影響したかを判断することが難しくなります。

メンタルがブレる原因は主に

・エントリーし損ねて、チャンスが終わっているのにエントリー

・利益が出たにも関わらず利確をせず含み損になってしまった

・連敗による焦りから取引数量を増やしてトレード

・連勝による有頂天から安易なトレード

・大きな損失が出てしまい取り返す為にトレード

・損切りしなくないので、損切りする場所をずらす、若しくは損切りしない

あげればキリがないくらい出てきますが、ほとんどがこれです。

これらを改善するにはトレードのルールを作ることで、何の影響でメンタルがブレたのかが理解しやすくなります。

 

メンタルを強くする為にルールを作る

先ほどのメンタルからくる失敗例を上げましたが、すべて3つのルールを作ることで改善されます。

メンタルを強くする為に資金管理ルールを作る

FXのトレードでメンタルに大きな影響があるのは資金の増減です。

お金の感覚は人によって違いますが、短時間で数十円〜数百円程度の損益でしたらあまりメンタルには影響が少ないです。

メンタルに影響が出ない範囲で1回の損切りを投資資金の2〜3%以下に抑えるのが理想です。

1万円なら200円

10万円なら2,000円

ポジションを持っていても気にならないぐらいの金額が望ましいです。

実は金額も大事ですが、投資資金に対して%を固定することが大事になります。

例えば2,000円の損切りをした場合でも

投資資金1万円で2,000円の損切り

投資資金10万円で2,000円の損切り

同じ損切り額でもこの2つではメンタルにくるダメージが全然違います。

人によって許容できる損切り金額や%は違います。

自分にあったラインを見つけて取引するようにしましょう。

メンタルを強くする為に売買ルールを 作る

エントリーしたあとには必ず損切りもしくは利確をします。

この一連の流れもルール化することによってメンタルによる影響を少なくすることが可能です。

この流れをルール化しないと、雰囲気でエントリーして感情に任せた利食い、損切りになってしまいトレードの収益も安定してきません。

詳しいエントリーや損切り、利確に関しての考え方はこちらの記事で紹介してます。

【5分で分かる】FXで負けないエントリータイミングとそのポイントは?

メンタルを強くする為に取引してない時のルールを作る

『資金管理ルールも決めて、売買ルールも決めたからもう完璧!』と思いたいところですが、私たちはロボットではありません。

人間ですので感情があります。

例えルールを作っても

・連敗続きでルール通り取引したのに含み益→損切りになり嫌悪感になったり

・連勝続きで自分の予想以上に利益が乗って有頂天なる

など、トレードに確実はありませんのでこういった状況になることもあります。

この解決策は『勝とうが、負けようが取引が終わった後はチャートを見ない時間を作る』ことです。

負けた後は取り返したくなりますし、勝った後は大胆な取引をしたくなります。

『なんで上がらないんだ!』

『今度こそこっちに動くだろう』

など相場に固執してはいけません。

正しいのはいつも相場であり、私たちの考えを相場に持ち込んではいけません。

常に相場をフラットな目線で見ることが重要になりますので、トレードが終わった後は必ず時間を空けるルールを取り入れてみて下さい。

最後に:全ての取引を記録する。

人の意志は決して強くありません、ルールを作っても必ずやぶってしまう場面が出てきます。

しかし、ルールをやぶってしまった取引を記録することで、今後のトレードの改善に繋げることができ、何が原因でメンタルに影響してしまったのかが確認できます。

人は都合の悪いことほど忘れる修正がありますので、きっちりと記録を取りましょう。

特にエントリー、損切り・利確した時の感情を書くことが大事になります。

後々見返した後に感情がどれほどトレードに影響を及ぼすのか理解出来ると思います。

負けたトレード記録こそ後の成長に繋がりますので、面倒ですが記録を取るクセをつけましょう。

まとめ

メンタルがトレードに及ぼす影響、改善についてお伝えしました。

メンタル単体で考えるのではなく、ルールを作ることでメンタルへの影響を少なくし、改善して行くための1つの考え方として捉えて貰えれば幸いです。

・メンタルを強くするにはルールを作ろう

・3つのルールを作ることでメンタルへの影響を少なくする

・記録をとってメンタルへの影響の改善、成長につなげよう

良いトレードライフを送りましょう。

とにかくおすすめできる海外FX業者6選

おすすめの海外FX業者をはこちら

海外FXの魅力はボーナスにある!

おすすめのボーナスはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\海外FXのオススメ業者&オススメボーナス/
\海外FXのオススメ業者&オススメボーナス/