FXノウハウ

【低資金・低リスクで出来る】FXおすすめの始め方はこれだ!

私はFXをおすすめする多くのサイトに怒っています。

なぜならFXで利益をあげることはさも簡単かの様に書かれているからです。

投資の世界で生き残るのは非常に厳しいですが、利益を上げれる様になればあなたの人生の心強いパートナーになることは間違いありません。

この記事では厳しい世界に足を踏み入れるあなたへの足掛かりになれる為のFXの始め方を解説していきます。

この記事を読んで得られる知識

・低資金・低リスクでFXを始める方法

・実は国内業者は危険が多い?

・自分にあった取引口座の見つけ方

・おすすめの少額資金での始め方

・FXを始める前の勉強は不要?

【低資金・低リスクで出来る】FXおすすめの始め方はこれだ!

FXは初めから多額の資金で始める必要はありません。

低資金・低リスクでFXを始められる

低資金・低リスクでFXを始めるには海外FXしかありません。

低資金からでも始められる訳

海外FXの場合国内とは違いレバレッジが高いので小さい資金で多くのお金を動かすことが可能です。

そもそもレバレッジとは?

5万円の資金に対して100倍の500万円分の商品買ったとします。

実際に500万円を渡すわけでなく、その商品が510万円になったときに売ることによって差額の10万円の利益を得ることができます。

これが『差金決済』と言われるレバレッジの仕組みです。

本来の5万円での取引では千円の利益しか取れないところをレバレッジを掛けることで利益を多くとることが出来ます。

レバレッジに関して不安がある人はこちらを参考にしてみて下さい。

【5分で分かる】海外FXのハイレバレッジは危険じゃない!その理由

では実際にFXの通貨で計算してみましょう

例:USD/JPYペア1ドル=100円計算

国内FXの場合(レバレッジMAX25倍)

100円×1万通貨(注文数)÷25(レバレッジ)=40,000円(最低必要証拠金)

海外FXの場合(レバレッジMAX200〜3000倍)

レバレッジは海外では一般的な500に設定します。

100円×1万通貨(注文数)÷500(レバレッジ)=2,000円(最低必要証拠金)

最初の必要資金だけでも20倍の差が出てきます。

低リスクの訳

海外FXの場合どんな危険なトレードをしようが、数十年に1度の災害が起きようが借金を背負うリスクは一切ありません。

大きな痛手を食らっても投資資金以上に損はすることはないです。

理由は次で説明します。

国内FX業者は危険?

日本の業者だから安心だろうと安易に考えてませんか?

国内FX業者は借金(追証)になるリスクが存在する

追証とは『追加追証金』の略で、保有するレバレッジをかけたポジションが急激な相場変動により、システムが正常に機能せず、証拠金(投資資金)以上に損失が出てしまい口座残高がマイナスになってしまうことです。

証拠金不足分は補填してなくてはいけませんし、当然この追証(借金)は支払い義務が発生します。

相場急変による追証のケース(スイスフランショック)

2015年1月15にスイス中央銀行の政策変更の影響で大暴落が起こりました。

ユーロ/スイスフランのペアで20分間に3800pipsの暴落(通常時5〜10pips程度)

ユーロ/スイスフランの1日足の様子

※ユーロ/スイスフランの変動の様子(日足チャート)

1日での変動が大きすぎて以前の値動きがまったくわからないレベルです。

この大暴落により国内FX業者は追証が発生しましたが、海外FX業者はゼロカットがある為追証が発生しませんでした。

ゼロカットシステムをわかりやすく

例えば、5万円の投資資金に対して急激な相場変動が起きた際に20万円の損失が発生した場合、口座残高はマイナス15万円になります。

このマイナス15万円は本来支払う必要はりますが『ゼロカットシステム』を導入している海外業者は支払う必要がありません。

 

国内FXの追証の詳細

追証発生件数:1,229件

追証発生額:33億8800万円

大暴落への対処は個人ではどうすることもできないので、追証が発生しないゼロカットシステムを導入している海外FX業者でリスクを排除するしかありません。

損失は避けては通れない

取引で大きな損失を出してしまうことは絶対に避けては通れません。

これは誰しもが通る道です。

大事なのは1回の損失で投資資金を失うどころか、借金まで背負ってしまい再起不能にならないこと。

借金さえ背負わなければいくらでも再出発は可能です。

国内FX業者は顧客の損失が利益になる?

国内FXは追証が発生するだけではありません。

国内FX業者が採用しているDD方式

DD方式(ディーリングデスク方式)とは主に国内業者で使われている方式で投資家の注文と市場の間にFX業者のディーラーが入ることです。

顧客の注文の相対取引を行うことで取引が成立します。

ですので

・顧客の損失が取引業者の利益になる

・顧客の利益が取引業者の損失になる

国内FXは市場ではなくFX業者のディーラーと直接の取引となります。

DD方式を分かりやすく

あなたは友達にお願いをして倍率2倍の馬券を1万円分、購入をお願いしました。しかし、友達は馬券を購入しません。馬券が当選した場合友人はあなたに2万円を払いますが、外れた場合あなたの1万円は友達の懐にはいります。

友達=取引業者に置き換えたのがDD方式の構図です。

ですので負けてくれる顧客を歓迎し、不利な価格での約定や注文拒否など、価格操作をする可能せいがあるのが国内FX業者です。

海外FX業者が採用しているNDD方式

NDD方式(ノーディーリングデスク方式)とは投資家の注文を市場に直接流すことで業者は取引に関与できない形をとっており透明性がある方式

取引業者の利益は顧客が注文するたびに発生する手数料になるので、取引注文数が多くなれば取引業者の利益は増えます。

なので顧客と取引業者の利害関係は一致しておりwin-winの関係が海外FX業者です。

NDD方式とDD方式 は【マンションVS戸建てと同じな件】 こんな悩みを持つ方向けて書きました。 この記事を読むとNDD方式とDD方式を理解でき、自分に合った方式を選ぶことができます...

すぐに口座を開設しようとしてない?開設する前に大事なこと

自分のトレードスタイルを見極める

口座を開設する前に大事なのが自分がどうゆう取引スタイルでFXをやっていくか

性格・生活スタイルから決める

副業でFXを始める場合本業・普段の生活から考えるとイメージしやすいです。

スキャルピング(短期)が合っている人

1回の取引で数十秒〜数分で取引を終えるスタイルです。

・仕事から帰宅後にまとまった時間を確保出来る

・仕事の休憩時間・昼休みなどにも比較的自由に携帯が見れる

・割とせっかちで早めに物事を終わらせたい

・アクションゲーム・eスポーツなどが得意

最後に関しては私の偏見ですが、短期トレードは値動きが激しく瞬時に反応できる反射神経が大事なのでアクションゲーム・eスポーツなどが得意な人が多いです。

ちなみに私は苦手です。

デイトレード(短中期)が合っている人

1回の取引で数十分〜数時間で取引を終えるスタイルです。

・日中は仕事であまり携帯を見れないが1日数回程度なら見れる

・比較的マイペースで自分の時間を大事にしたい

・PCの前にずっと張り付いたりするのがあまり得意じゃない

・比較的意志の強い人

私は基本的にデイトレード主体です。

疲れやすくマイペースなので1日4回程度のチャートチェックで取引しています。

1度取引をすると数時間はポジションを持つことになりますので、ポジションを持っててもあまり気にせずマイペースに行くことが大事になります。

スイングトレード(中長期)が向いている人

1回の取引で数日〜数週間で取引を終えるスタイルです。

・ある程度投資資金に回せる余裕のある人

・かなりマイペースな人

・他の投資などの経験者

スイングトレードは数日〜数週間程度ポジションを保有するスタイルです。

スキャルピング・デイトレードと比べると取引回数が少なく資金効率はそれほど良くないのである程度資金が確保出来る人になります。

取引回数が少ないので、取引することで得れる経験は少なくなりがちです。

出来ればスキャルピング・デイトレードで経験を積んでからスイングトレードに移行するのをおすすめします。

トレードをしている間にスタイルは変わる

自分に合いそうなスタイルが見つかってもそれに固執する必要はありません。

トレードを重ねるうちに、スイングトレードをしながらスキャルピングを出来るようにもなります。

【補足】口座開設前に必要なもの

ある程度自分のスタイルが決まったら口座をする前に必要な物があるか確認しましょう。

本人確認書類 いずれか一通

・免許証

・パスポート

・写真付きマイナンバーカード

免許・パスポートがない場合は写真付きマイナンバーカードの発行をしましょう。

住所証明書類 いずれか一通

・住民票

・公共料金明細書

・銀行・カード会社の請求書類

・その他公的機関からの書類

・健康保険証(住所が確認できるもの)

取引業者によって発行期限・必要書類など多少違いはあります。

口座開設するまえに再度必要書類の確認をしましょう。

取引スタイル別おすすめFX業者の紹介

スキャルピング・デイトレード・その他の3つをご紹介

スイングトレードは取引回数が少なく、業者で大きく差はないのでどの口座でもあまり問題ありません。

スキャルピングにおすすめな海外FX口座

TitanFX

TitanFXの特徴

・レバレッジが1〜500倍・追証なし

・ロスカット『証拠金維持率20%」

・低スプレッド・口座開設してすぐトレードができる!

・金融商品が豊富

・日本人向けサポート充実!

TitanFXは非常に使いやすく、私がメインで使ってる口座です。

【TitanFXの評判】8つのメリットと2つのデメリット こんな悩みを持つ方に必見。 筆者が実際メインで使用しているブローカーであり、TitanFXのメリット・デメリットを熟知した...

デイトレードにおすすめな海外FX口座

XM

海外FXを調べたことがある人は一度は目にしているんじゃないでしょうか。

日本1番人気の海外FX業者です。

XMの特徴

・言わずと知れた海外FX業者、信頼性・出金トラブルなど万全

・口座開設ボーナス・入金ボーナスが豊富

・レバレッジが1〜888倍・追証なし

・圧倒的に日本人ユーザーが多いので日本語対応は抜群

・最低入金500円〜

取引手数料はTitanFXには劣るものの安定したFX業者で口座開設3,000円ボーナス・入金ボーナスなどが豊富です。

XMも私がメインで使ってる口座です。

【XMの評判・評価】ドンとお伝え!【人気No.1海外FX業者】 TitanFXに続き筆者が実際メインで使用しているブローカーであり、XMのメリット・デメリットを熟知した上でこの記事を書いてます...

【番外編】口座開設・入金ボーナスにおすすめな海外FX口座

ここではボーナスがおすすめ海外FX業者を2つご紹介

is6

is6の特徴

・口座開設ボーナス・入金ボーナスが豊富、業界トップクラス

・日本語サポート対応◎

・最大レバレッジ1〜1000倍・追証なし

is6はライセンス未登録業者で会社としての信頼性は△

ただ、なんといっても頻繁に開催されるボーナスキャンペーンが魅力

口座開設ボーナスを使って入金0円トレードができる。

is6comの評判・口コミを徹底レビュー【アイエスシックスコム】is6comの評判 ボーナス乱発!?安全に取引・出金できる海外FX業者なのか メリット・デメリットも解説【2020年最新版】 is6c...

GEMFOREX

GEMFOREXの特徴

・最大20,000円の口座開設ボーナス

・キャンペーン・入金ボーナスがめちゃくちゃ豊富

・最大レバレッジ1〜1000倍・追証なし

・EA(自動売買)・ミラートレード(うまい人の真似)ができる

こちらもis6に負けず口座開設ボーナス・入金ボーナスが豊富

20,000円の口座開設ボーナスは海外FX業者の中でもぶっちぎり。

口座開設のキャンペーン期間中は20,000円、通常時は10,000円になるので注意

ただ、キャンペーンは頻繁に開催されているので是非チェックして見てください。

【GEMFOREXの評判】安全性とメリット・デメリットを解説GEMFOREXはちまたでは 「出金できない業者なんじゃ・・・?」 「ちゃんとしたFX業者なの・・・」 なんて噂も飛び...

筆者からのコメント

紹介した業者は私が実際に使っている海外FX業者でどれも優秀なFX業者です。

まとめて開設した方が楽なので一気に開設しちゃうのも全然ありです。(後々開設すると書類の準備とかがめんどう)

海外FX業者 信頼度 スプレッド サポート ボーナス

ここであげたもの以外にもおすすめできる口座をまとめた【海外FX】筆者が実際に利用しているFX業者6選【口座】も是非チェックしてみてください。

実際に取引してみよう

口座開設・入金が終わったら実際にトレードしてみよう

まずは少額資金でスタート

いきなり大金を入れるのだけは辞めましょう。

目安として1万円以下で始めることをおすすめします。

まずはFXに慣れる為に最小取引数量(0.01)で注文を繰り返してください。

FXで退場する多くの人は最初から資金を多く投入して全資金を失い二度と戻ってこない人です。

最初は勝つことよりもいかに負けないかを意識

トレードの目的は利益を上げることですが、最初から利益を求めてはダメです。

FXで大事なのは負けない取引をするかです。

【5分で分かる】FXで負けないエントリータイミングとそのポイントは?

深掘りすると勝ち負けはランダムに存在するので、いかに小さく負けるかです。

「ここで入れば儲かりそう!」の視点ではなくここで入ったら負けが少なく済みそうか考えます。

利益で考えるのではなく損失から逆算して考えるのが大事です。

月単位で利益を残せるようになったら少しずつ資金を増やして行こう

月単位で利益を残せていれば負けない取引が染み付いてきている証拠です。

取引数量を上げて1ヶ月取引をしましょう。

取引数量をあげても利益が残せた場合、次の月も増やしていき、後はこれの繰り返しです。

負けてしまった月は、取引数量が自分に合ってない可能性が高いので一度数量を落としましょう。

FXを始める前に勉強をするのは間違い?

トレードしながら勉強しよう

トレードを始める前に多くの勉強をする必要はありません。

バットにボール当てる為の勉強はしませんよね?バットを振りましょう。

百聞は一見に如かずです。

トレードをしながら空いた時間に勉強をしましょう。

FX本は必要ない?

結論からお伝えすると初心者用の本、1冊は買ってもいいと思います。

ただ、いくつも購入する必要はなくて勉強する場所はあくまでも相場です。

なぜ上がった、なぜ下がった・なぜ止まったのかをチャートの中から学ぶことが大事です。

実践での経験から勉強するのが一番の近道です。

自分のトレード記録以上に最高の本はない

トレード売買記録を取らない人は多いです。

売買記録を取らないとPDCAが回せません。

自分の行ったトレードをチェックして改善をしなければ一向に上達はできません。

毎日の記録から見えてくる自分の改善点・ウィークポイントをしっかりと認識して改善をしていくことで一人前のトレーダーになっていきます。

トレード記録はどんな優秀な本よりもあなたの為になります。

まとめ

低資金・低リスクでFXを始められるおすすめのやり方を紹介してきました。

・海外FXであれば低資金・低リスクで始められる

・国内FXには実は多くの危険が潜んでいる

・口座開設する前にスタイルを決める

・取引スタイル別のおすすめ口座

・トレードの記録をつけてPDCAを回そう

良いトレードライフを送りましょう。

とにかくおすすめできる海外FX業者6選

おすすめの海外FX業者をはこちら

海外FXの魅力はボーナスにある!

おすすめのボーナスはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\海外FXのオススメ業者&オススメボーナス/
\海外FXのオススメ業者&オススメボーナス/