FXノウハウ

【5分でわかる】FXの時間足は1つじゃなくて組み合わせが成功のカギ

お悩みトレーダー
お悩みトレーダー
時間足の見方を教えて

時間足はどれを見れば良いの?

勝てる時間足ってあるの?

時間足って多くてどれがいいか分からないし、どういう視点で見たらいいか難しいですよね。

私も始めたことは時間足をころころ変えて統一しないやり方をずっとしていました。

実はこれの時間あしを使えば勝てるって足は存在しませんが、『時間足を組み合わせる』ことで相場をより深く・シンプルに見ることが出来ます。

実際に私はこのやり方を始めてから成績が向上して『無駄なエントリー』が減り『根拠のあるトレード』ができるようになりました。

この記事では

『時間足は実はなんでもいい』

『森をみて木をみるのが大切』

『時間足は組み合わせる』

『相場はシンプルに考えることが大切

こんな内容でお届けします。

この記事を読み終えたら、あなたも実践的に時間足を使えるようになっているはずです。

時間足は結論なんでも良い

時間足は結論なんでも良いです。自分の好きなものを使えばいいと思います。

大事なのは自分がどういう取引をしたいのかによってきます。

1日に何度も取引を繰り返すようなスタイル

1分〜15分足をメイン

1日数回〜数日に1回のスタイル

1時間〜4時間

この辺りが適切だと思います。

性格や生活スタイルにもよって変わってくるので一概には言えませんが自分にあった時間軸を見るけることが大切です。

私もFXを始めたころは5分足をメインにしていましたが、全然勝てませんでした。

原因はチャートの見過ぎとポジションの取りすぎです。

5分足は足が更新される回数が多い為、その分チャンスがあるように見えてしまい、過剰なトレードをしていました。

『ポジポジ病』ってやつですね。

私は比較的マイペースでゆっくりしたいタイプなので、思い切ってメインの足を1時間に変えました。

1日数回のチャート確認で無駄なトレードが減ってどんどん成績が良くなっていきました。

時間足はこれを使えば勝てるってものはありません、自分のスタイルに近い時間足を選択しましょう。

チャートはフラクタル構造

チャートは全てフラクタル構造なので、どの時間足で切り取っても同じ動きをしています。

フラクタル構造とは

どこを切り取ったとしてもそれが全体と同じ形をしている構造です。

『ブロッコリー』や『雪の結晶』などがフラクタル構造です。

この画像は5分足と日足のチャートですが、どちらが5分足で日足でしょうか?

正解は『上が5分足で下が日足』です。

パッとみだと全然わからないと思います。

下位足でも上位足でも同じ値動きをしています。

時間足を組み合わせる理由

『時間足はなんでも良い』

『チャートはフラクタル構造』

だと分かっていただけたかと思います、次にチャートを『なぜ組み合わせるのか』をお伝えします。

 

上位足に逆らってはいけない

FXでは上位足に逆らってはいけません。

FXは上位足>下位足です。

簡単な話、日足のチャートでは価格が上がりそうな場面なのに、1時間足で売りを入れるのは上位足に逆らっていることになります。

この場合なら、日足で価格が上がりそうなら1時間足は買いを入れるのがセオリーです。

負けている多くの人は、この上位足に逆らってエントリーしてるケースが意外と多いです。

日足に対して逆らったエントリーするのは取れる値幅も限られますし、逆行する可能性も高いので、日足の流れに乗ってエントリーを心がけましょう。

上位足と下位足の関係性

上位足は下位足の集合体です、下位足はタイミングを取る意識でトレードすると分かりやすいです。

1時間足の場合

一本に日足には24本の1時間足が含まれいます。

ここで意識するのは今日1日の日足がどうなるかを見極めることです。

例えば過去の日足のチャートと直近・前日の日足から今日の日足は

『陽線になりやすいのか』

『陰線になりやすいのか』

この判断が大切です。

その日が『陽線になりやすい』のであれば下位足の1時間で買うタミングを見極めてエントリーすれば、価格が上がりやすいので優位性のあるトレードができる訳です。

もちろん『陽線になりやすい』と思っていても陰線になることはあります。

こちらの画像はUSD/JPYの5分足ですが

直近の価格の推移をみると高値を切り下げていて売るポイントとしては良さそうに見えます。

ただ、1時間足をみてみると

綺麗な上昇トレンドを描いていて、上位足の1時間では上にいきやすい場面になります。

この場合売りにいくのではなく、5分足で買うタイミングを待ってエントリーするのが勝ちやすいです。

トレードに100%はないので百発百中はありえませんが、上位足を見て根拠を持ち、下位足でタミングを見てエントリーすることができれば安定したトレードが出来ます。

 

【具体的】FXで時間足を組み合わせ方

上位足と下位足を組み合わせてみることで安定したトレードができる様になりますが、ここでは具体的な方法をご紹介します。

上位足に対しては順張り

先程も触れましたが、上位足には逆らってはいけませんので順張りをしましょう。

具体的な順張りはエントリールールによって異ななりますが

例えば先ほどのチャートの場合

 

・直近高値のこのラインを実体で上抜けして押し目を待ちます。

・この直近高値の実態ラインを背に買い指値をセット

根拠はあればあるだけいいですが、トレンドが出ている方向に対してトレードしていきます。

下位足に対しては逆張り

下位足では逆張りをします。

上位足に足して順張りをする場合、下位足で見ると、逆張りをしてる形になります。

先程の指値をセットしたチャートを下位足で見るとこうなります。

上位足の押し目は下位足では下降トレンドになる訳です。

これを2画面で見ていくこういうイメージです。

ChartBookという検証ツールで再生してますが、こういった検証ツールを使って、下位足と上位足の動きをみて、研究するのが大切です。

検証に関してはこちらの記事が参考になると思います。

ChartBookの魅力と使い方を鬼まとめ FX検証スマホアプリ【chartbook専用の検証ノートをプレゼント】 PCでFXの検証するのはもう時代遅れ! スマホでFXの検証ができるchartbook(チャートブック)の魅力と、使い方を徹底的にまとめました。 この記事をみればchartbookの全てを理解することができます。...
失敗しないFXの検証方法教えます!トレード手法の作り方徹底解説 こんな悩みを持っている人も多いと思います。 FXで勝ち続けるには検証は避けては通れなく、必ず必要な作業です。 この記...

FXはシンプルに考える

上位足の動きに対して下位足でタイミングを取ることが大切だとお伝えしました。

最後に注意点ですが、同時にみる足は最初は2つにした方がいいです。

いくつも足を表示してしまうと、混乱してしまってシンプルに考えることができなります。

見方はひとそれぞれですがおすすめは

『月足:週足』

『週足:陽足』

『日足:1時間足』

『4時間足:15分足』

『1時間足5分足』

このセットで私は見ています。

どの時間足でもフラクタル構造なので、自分の好きな時間足をペアで見ましょう。

慣れるまでは『上位足・下位足』の2つでシンプルにトレードをしていきましょう。

 

とにかくおすすめできる海外FX業者6選

おすすめの海外FX業者をはこちら

海外FXの魅力はボーナスにある!

おすすめのボーナスはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\海外FXのオススメ業者&オススメボーナス/
\海外FXのオススメ業者&オススメボーナス/