FX

FXのローソク足の見方 他では教えてくれない!【5分で分かる】

FXのローソク足の見方がわからない!

見方はわかったけど実践でどう使えばいいの?

FXを初めてチャートを開いた時に一番最初に目にするのはローソク足です。

ローソク足にはいろんな形があり・それぞれが表す意味も異なります。

この記事ではただ、ローソク足の形・シグナルだけを解説するのではなく、実践にしっかり応用出来るようにローソク足からどういった判断をするのが大事かをお伝えして行きます。

この記事を読んで得られる知識

・ローソク足の基礎知識

・ローソク足のシグナル

・実践で使えるローソク足の考え方

・ローソク足から見るトレーダーの心理・思考

【5分で分かる】他では教えてくれないFXのローソク足の見方【必見】

なぜローソク足を勉強する必要があるのか

FXで取引をしていく上で買うべき所・売るべき所の判断はローソクの形が大多数を占めていると言っても過言ではありません。

どんなにすぐれたインジケーターを使おうと、1番の基本であるローソク足を理解していないと相場では勝てません。

ローソク足=過去の取引した人達の思考が形になったもの

ローソク足はただの形ではなくて、過去に取引してきや人たちの思考が詰まったものです。

その過去の思考を読み取って売買タイミングの判断材料にします。

ローソク足基礎知識

ローソク足の意味

ローソク足とは4種類のレートを可視化したものになり、大きく分けて2つのローソク足があります。

始値:ローソク足の始まったレート

終値:ローソク足が終わったレート

安値:ローソク足の中で最も安いレート

高値:ローソク足の中で最も高いレート

始値より終値のレートが高ければ陽線

始値より終値のレートが低ければ陰線

これは基本知識ですので忘れずに覚えましょう。

ローソク足のヒゲ

ローソク足の始値から終値を実体と呼び、それ以外の部分をヒゲと呼びます。

色が塗られているいるのが実体

線になっている部分がヒゲ

ヒゲは長さ、実体の形によって様々な意味をもちますので次で紹介していきます。

ローソク足の形が示す意味

ローソク足には陽線・陰線にも様々の形があります。

ここでは代表的な形をご紹介します。

陽の丸坊主

上ヒゲ・下ヒゲがないので買い勢力が強い証拠です。

陽の大引け坊主

一度下に行き下ヒゲができたけどその後上昇

上ヒゲがないことからさらなる上昇の可能性があります。

陽の寄り付き坊主

始値から一度も下がることなく上昇したが最後に終値が高値が下回った。

上層相場の最終局面などで良く見られ下落の兆候でもあります。

陰の丸坊主

上ヒゲ・下ヒゲがないので売り勢力が強い証拠です。

陰の大引け坊主

一度上に行き上ヒゲができたけどその後下落

下ヒゲがないことからさらなる下落の可能性があります。

陰の寄り付き坊主

始値から一度も上がることなく下落したが最後に終値が安値を上回った。

下落相場の最終局面などで良く見られ、上昇の兆候でもあります。

全て基本的な形なので、忘れずに覚えましょう。

ヒゲと実体の関係

先ほどの画像を見てわかる通り進行方向とは逆にヒゲが出ている場合は勢いが強いです。

逆に進行方向にヒゲは出ている場合は勢いが弱まっている可能性があり警戒が必要になります。

シグナルが出たらトレードするだけじゃ勝てない?

シグナルが出たから勝てる訳じゃありません。

シグナルはあくまで一つの要素でしかなく、いろんな角度からチャートをみる必要があります。

実際のチャートで確認

それでは実際のチャートをみて、どういう視点で見るのが大事かをご紹介しましょう

今回はUSD/JPYの5分足のチャートです。

いろんな所にシグナルが出ていると思いますが、例えばここで『陰の大引坊主』が出たので売ってみました。

シグナルが出たらだけでエントリーする考え方でいると

ところが上昇してしまい損失が出てしましました。

ではなぜ失敗してしまった、2つの視点で考えていきます。

上位足を見て判断する

今回エントリーした足は綺麗な『陰の大引坊主』でしたが、今回のエントリー判断をした5分足より大きい1時間足ではどうだったのかみてみましょう。

見てみるとわかる通り比較的綺麗な陽線が出ていますので次の足も陽線になる可能性が高いことがわかると思います。

ローソク足の力関係は上位足>下位足

トレードの時間足は長ければ長いほど強いです

週足>日足>4時間足>1時間足>15分足>5分足

1時間足では上昇しそうなのに5分足で連続して陰線が出るのは考えにくいですよね?

今回のチャートでは1時間足見ると次の足も陽線になる可能性が高いので、売るべき場所ではないことがわかります。

トレーダーの心理・思考から考える

上位足と同じくらい大事なトレーダーの心理・思考から判断してみましょう。

画像の上昇の初動部分で買った人たちは価格の上昇でもうウハウハです。

ただ、買ったものは将来的に必ず売らなければいけないので、どこで必ず決済注文が必ず入ります。

今回のチャートでは、○部分で買っている人達の決済注文と同じ場所で売っていることになります。

相場は一直線には動かない、必ず押し目と戻りを形成する。

買ったもの・売ったものは将来必ず決済しなければいけません。

上昇相場の場合には決済の売りが入りレートが下がります。これを押し目と呼びます。

反対に下落相場の場合には決済の買い戻しが入りレートが上がります。これを戻りと呼びます。

上昇相場では押し目を待って買い・下落相場では戻りを待って売るのが鉄則です。

ですので今回は大衆のトレーダーがレート落ちてきて押し目を作るのを、今か今かと待っているところに売ってしまった為、失敗に終わってしまった訳です。

まとめ

ローソク足の見方・ローソク足の実践での応用について解説しました。

・ローソク足の基本

・ローソク足の示すシグナル

・シグナルだけで売買判断をしてはいけない

・上位足を見て判断する

・トレーダーの心理・思考を理解する

良いトレードライフを送りましょう。

とにかくおすすめできる海外FX業者6選

おすすめの海外FX業者をはこちら

海外FXの魅力はボーナスにある!

おすすめのボーナスはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\海外FXのオススメ業者&ボーナス/
\海外FXのオススメ業者&オススメボーナス/