FX

【徹底解説】サラリーマンが副業でFXをしないのはなぜ損してる?

・副業をしたいと思って色々調べてみてFXをおすすめする人が多いけどなんでおすすめなの?

・FXって難しいイメージだけど初心者にもできるの?

・始めるのはいいけど会社にバレずに始められるの?

これから副業を始めようとしてFXについてこのような悩みを持つ方も多いでしょう。

この記事を読むと理解できる知識

・なぜ副業が必要なのか

・FXが副業におすすめな理由

・会社にバレずに副業ができる

・副業でFXをするメリット・デメリット

サラリーマンが副業でFXをしないのはなぜ損してる?

数ある副業の中でなぜFXがおすすめなのか

副業は本業への最大のリスクヘッジ

世の中には色々な働き方がありますが、ほとんどの方は会社員として働く道を選ぶと思います。

会社員は安定した職業ですが突然会社がなくなったり、クビを切られた場合明日からの収入源はどうしますか?

すぐ再就職できれば良いですが、その時の日本の景気が悪くかったら?自分の年齢が40歳を超えていて再就職が難しい年だったら?

こう考えると収入源が1つなのがいかにリスクが大きいか感じれると思います。

20代〜30代でサラリーマンで逃げ切るのは難しい

私は現在27歳サラリーマンで既婚者ですが、日本の景気・働き方の多様化もあり正社員の必要性が徐々に無くなってきていて、定年までサラリーマンで行くのは厳しいと思っています。

現在50〜60代で定年まであとわずかであればこのままサラリーマンのまま逃げ切るのは可能でしょうが、私と同じ世代の人はほぼ不可能でしょう。

明日会社がしたり、自分の職がなくなっても問題なく食べていける状況にするのが今の20〜30代には必要なことです。

FXはサラリーマンがするべき副業

FXは1日中PCの前に張り付いてトレードをしているイメージを持っている人もいるかも知れません。

ただ、実際取引している時間は1日の中でも極わずかです。

取引チャンスが多いのはサラリーマンの方が帰宅する夕方から夜家にいる時間帯がほとんどで土日は相場が閉まっています。

FXはサラリマンの生活スタイルとマッチしており、しっかりとオン・オフを切り替えられ生活リズムを崩さずFXをすることができます。

副業にはアルバイトをおすすめしない理由

副業ですぐ稼げそうなものはなんでしょうか。

・コンビニのアルバイト

・土方・土木作業員

・配送・配達業

・引っ越し・荷物運搬

・日雇いのイベントスタッフ・軽作業員

他にもあると思いますが一般的に副業などで比較的に始めやすい仕事で私がこれらをおすすめしない理由はこれら全て労働収入になるからです。

FXは労働収入じゃないの?

FXも自分で取引をして利益を出すので労働収入になりますが大事なのは労働収入≠時間給です。

労働した時間に対しての給料では時給1,000円〜1,500円ほどですし、本業も労働しているのであれば労働×労働は非常にコスパが悪いのはあきらかです。

本業で疲弊した後、更に副業で疲弊するのは長くは続きません。

FXの場合労働=時間給ではなく、スキル次第では青天井の世界です。

FXはスキルという資産が身につく

FXは労働収入になりますが、単純なアルバイトとの違いはスキルが身つくか・つかないかです。

もし明日食べる食事すらもままならないレベルなら、FXをやるより単純なアルバイトでまず食いつなぐのが先決。

ただ、本業がある人は最低限の生活が出来るている訳で目先のお金に走らず将来的に大きく資産を築くことのできるスキルを身につけた方が圧倒的にコスパが良いです。

将来の自分に投資する感覚でFXをすると考えると何だか気持ち良いですね

アルバイトはスキルが身につかない=市場価値が上がらない

先ほどと少し被りますが、単純なアルバイトをおすすめしない一番の理由はスキルが身につかないからです。

例えば副業でコンビニのアルバイトを10年続けたとして時給はいくらあがるでしょうか?

良いところ数百円レベルで10年で自分の市場価値が数百円しか上がらないのはコスパが良くありませんよね。

なにか明確な目的やそこで働く意味があれば良いですが、ただお金欲しさに安易に仕事を決めてしまうと時間とお金に対して後々大きく損をしていることになります。

副業は会社にバレないの?

副業が大事なことはわかったけど会社にバレずできるの?

副業は基本的な事を守ればバレることはありません。

副業が会社にバレてしまう理由2つ

副業はバレてしまうケースは大きく分けて2つあります。

1.アルバイトなどで2つの給与がありバレるケース

会社員をしている方は住民税は給料から天引きされていると思いますが、会社があなたの代わりに支払ってくれています。

自治体側から見ると給料は2つの会社から支払われていることで、住民税は給料が高い方に支払われることになり、本業の会社が支払っている住民税より高い請求書が来てしまうので、副業してることが会社にバレてしまします。

2.確定申告時の住民税の支払い方によってバレるケース

先ほどのアルバイトのケースと同じですが、FXなどで年間20万円以上の利益が出た場合確定申告が必要になります。

通常通り確定申告をするだけですと住民税の支払いの請求は会社に届きます。

ただ、確定申告の際に住民税の支払いを普通徴収(自分で納付)にすれば会社に住民税が請求書が行くことなく、副業がバレる心配はありません。

くれぐれも特別徴収(会社から天引き)にしないように気をつけて下さい。

【補足】確定申告後には念押しで役所に電話か訪問を

確定申告で普通徴収を選択して問題なく自分で納付する手続きをしたのに会社に住民税の請求が来てしまうケースがあります。

役所も人間ですので、ミスや間違えで送ってしまうこともあり誤って会社に送ってしまうことがあります。

確定申告後に電話若しくは役所に訪問をして会社には絶対請求書を送らないように念押しをしましょう。

副業でFXをするメリット・デメリット3つ

副業でFXをするメリット3つ

では実際に副業でFXをやる上でのメリット

時間の拘束がない

サラリーマンとして働いている場合8時間以上会社に拘束されると思いますがFXは時間に拘束されません。

好きな時に取引をして好きな時にやめることができ、時間だけではなくネット環境さえあれば場所の拘束も一切なく自分の生活に合わせた柔軟な稼ぎ方が出来ます。

低資金から始められる

FXは多く資金が必要なイメージがありますが実際には少額で数千円〜数万円から始めることが可能です。

最初のうちは少ない資金で始め慣れてきたら上手くレバレッジを使って資金を効率よく回すことが可能になります。

副業禁止の会社でも可

厳密にはFX=副業ではなく資産運用に分類されるので副業にはあたりません。

公務員でもFXなどの資産運用は認めれています。

働いている会社が副業禁止の会社であっても問題なくできますが、FXやトレードはイメージを悪く持っている人も多いのであまり同僚や上司に教えることはおすすめしません。

仕事中に取引してるなどの疑いを掛けられたりした場合本業への支障が出る可能性があります。

副業でFXをするデメリット3つ

どんなことにも必ずデメリットは存在します。

労働時間=収入ではない

一般の労働とは違い長い時間取引したから必ずしも稼げるわけではありません。

始めのうちは取引してる時間に対して利益が出ず不安に思うと思いますが、目先をお金を取るのではなくお金を稼ぐスキルをのを優先しましょう。

資金を失うリスクがある

FXは投資ですので損をすることもあります。

しっかりした資金の管理をしないと投資資金を全額失うことになりかねません。

投資の世界は常に自己責任ですので規律をもった取引が大事になります。

継続した努力が必要

FXに限ったことではありませんが、相場の世界は日々変わっていきます

相場で勝ち続ける為には値動きに対しての検証・勉強が必要になりますし、自分の取引の反省・改善は欠かせません。

毎日前向きに取り組む姿勢が1番大事になります。

まとめ

サラーマンが副業でFXをしないのはなぜ損してる?を解説しました

・FXはサラリーマンには向いている

・単純なアルバイトはコスパが悪い

・目先のお金に走らずスキルと言う名の資産を手に入れよう

・会社にバレずに副業は可能

・FXにはデメリットもあるがそれを上回るメリットがある。

上手にFXで副業をして金銭的余裕・時間的余裕の両方を実現しましょう。

焦らず毎日コツコツ続けることが大事です。

とにかくおすすめできる海外FX業者6選

おすすめの海外FX業者をはこちら

海外FXの魅力はボーナスにある!

おすすめのボーナスはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\海外FXのオススメ業者&ボーナス/
\海外FXのオススメ業者&オススメボーナス/